第17回神鍋ジュニアサッカースプリングカーニバル 実施日:平成23年5月3日(火)〜5日(木)

大会要項 / 参加チーム一覧 /  試合風景写真 /  試合風景動画  /  大会レポート&インタビューnew! 
試合結果発表 神鍋スプリング

試合結果発表 神鍋スプリング
ウェブアルバムで試合風景写真を見るyou tubeで試合風景動画を見る


■試合結果速報! 当日リアルタイムに掲載!
new!
6年生以下予選リーグA〜L / 6年生以下決勝トーナメントA〜C / 4年生以下予選リーグA〜F / 4年生以下決勝トーナメント
6年生以下フレンドリーリーグ / 4年生以下フレンドリーリーグ


 大会レポート&インタビュー     取材・記事:力武敏昌氏(スポーツライター)

第17回神鍋ジュニアサッカースプリングカーニバル
梶FC・DREAM FCなど頂点へ!
届け このエール、東北のイレブンへ!

 

 「第17回神鍋ジュニアサッカースプリングカーニバル」が5月3日から5日までの3日間、兵庫県豊岡市日高町の県立但馬ドーム周辺で72チームが参加して熱戦を繰り広げました。日本大震災で被災に遭った仲間たちを『勇気付けよう』を合言葉に連日、好ゲームが相次ぎ、保護者やチームメートの応援を熱くしました。

 頂点には6年生以下の部Aが梶フットボールクラブ(大阪・守口市)、4年生以下の部はDREAMフットボールクラブ(大阪・箕面市)がそれぞれ立ちました。
  優秀選手に原田烈志(6年生以下/梶フットボールクラブ=大阪・守口市)と、 田村光希(4年生以下/DREAMフットボールクラブ=大阪・箕面市)が闘選手には伊吹卓すけ<※すけ・漢字=しめすへんに石>(6年生以下/TSKサッカークラブ=大阪府)と、堀毛 優(4年生以下/神戸フットボールクラブ ボーイズ=兵庫・神戸市)ほか、女子敢闘選手として刀根 葵(京都朱二サッカークラブ=京都市)らのみなさんが選ばれました。
以上の優勝したチームのイレブンや、表彰された選手たちに拍手を送るとともに、さらに精進されることを望みたいと思います。

―大会に参加された方たちの喜びの声―

  1. ◆6年生以下の部Aで優勝した「梶フットボールクラブ」東出勝樹監督
  2. 参加して10年目。この間、毎年トップ目指して頑張ってきましたが、今回、やっと念願がかないました。
    これまでの経験が生かされたのだと思います。夢にまで見た初優勝。選手たちのプレーに感謝です。
    最高に“いい思い出”を次につないでいきたい。監督賞までいただき、意義ある大会になりました。
  3. ◆梶FC・優秀選手賞を手にした原田烈志選手
  4. 初ゴールを決めた嬉しさは忘れません。チームの優勝で喜びは2倍です。まだ5年生だから、これからも頑張ります。
  5. ◆梶FC・PK戦で3−3の後、決勝ゴールを決めた東 龍星選手
  6. (ゴールを決めた瞬間)「やった!!」といった感じ。チームの優勝につながったし、言うことなしです。
  7. ◆6年生以下の部A・決勝戦で主審を務めた、楠田千春さん
  8. 1点を争うゲームで、決勝戦にふさわしい熱い戦いでした。力は全くの互角。実力だけでなく、パスをつないでいくなど、
    スタイルまで同じ。延長Vゴールで勝負がつかず、PK戦で梶FCが勝ちましたが、TSK SCも1点を先行されながら、同点に持ち込み、それなりの力を見せました。
    互いに一歩も引かない好試合、フエを吹いていて楽しかった。両チームのベストを出し切った健闘をほめてやりたい。
  9. ◆4年生以下の部で優勝カップを獲得した「DREAMフットボールクラブ」大内亮治コーチ
  10. 田村(光希)を中心に押せ押せでいきました。アシストのプレーヤーもよかったし、チームのモットーでもある
    「リズム・テクニック・インテリジェンス」を全面に出して勝てたゲームだったと。選手たちが普段の力を出し切ってくれたのがよかった。 第13回、14回大会で準優勝だったので、優勝は嬉しいですね。
  11. ◆DREAM FC・ハットトリックを決め優秀選手に輝いた田村光希選手
  12. (ピカピカのトロフィーを大事そうに抱いて、開口一番)嬉しい。ハットトリック「やった」って気持ち。
    みんながいいパスを出してくれたから。兄ちゃんがもらったトロフィーを僕ももらって。
    (兄・裕希選手は第16回大会の6年生以下で優秀選手に選ばれ、兄弟で受賞)
  13. ◆4年生以下の部・決勝戦の主審、山本卓也さん
  14. 得点差(DREAM FC 3-0 神戸FCボーイズ)を感じさせない一進一退のいい試合でした。
    チーム力に開きはなく、ともに均衡が取れていました。DREAM FCは田村光希くんの個人技を生かしたゲーム運びで
    決勝戦を物にしましたが、(田村くんの)ドリブルはなかなかのものでした。
  15. ◆開会式で選手宣誓した藤井拓人選手(兵庫・明石市/鳥羽フットボールクラブ)
  16. 「東日本大震災で大変な時に、この大会を開いてくれた人たちに心から感謝して、精いっぱいプレーすることを誓います」。被災したサッカー仲間たちを思い遣る宣誓を、右手を挙げ力強い声で。
  17. ◆閉会式で兵庫県豊岡市教育委員会・石高雅信教育長の来賓あいさつ
  18. 3日間にわたって行われた試合は、みんな素晴らしかった。それぞれ選手同士の交流もあり、再びここ神鍋の地で顔を合わせた時には、旧交を温めてください。夏に向けて新しい目標を。
    また、温かい心を養い、さらなる体力をつけてください。
    素晴らしい大会に参加できた喜びを思い出に、また夏に(神鍋で)お会いしましょう!




少年サッカーのお問合せ、参加申込は電話またはメールでどうぞ06-6243-5656(担当者直通)メールでのお問い合わせはこちらへ

少年サッカー大会・ジュニアサッカー大会・高校サッカー大会を、兵庫県神鍋高原・淡路島、滋賀県今津・マキノ、和歌山県紀三井寺・上富田町などで開催しております。参加チーム募集中! 詳しくは、年間イベント情報をご覧ください。 また、その他各スポーツ・イベント模様もご案内中。スポーツ・地域イベントのご紹介もさせて頂きますので、ご希望の方はお気軽にお問合せください。

チーム紹介

山のしずくの健康弁当・スポーツ弁当・ロケ弁当・イベント弁当・会議弁当糖質ゼロ「カーボゼロウォーター」「糖類ゼロ緑茶」 スポーツ大会・交流合宿の場合のお支払い・取消料(キャンセル料)